上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
P1060870_20110616203913.jpg

先日の分離不安発言、、きっと最初は愛永の事なんだと皆さん思われたでしょうが

実はねーねーの方だったのね、、とガックリこられた事でしょう、すみません。。

確かに愛永自信にもその様子はあります、自分ひとりで立つ事が出来なくて

ずっと寝転んでる状態だし、体調を崩した事の不安感というのもあるみたい。

自分などは心配で出来る限り側にいてあげたい!と思うけど平日は仕事の為、

ずっと側にはいられないから母に任せております…が!母はずっとドライです、

愛永を置いて自分の用事の為サクサク外へ出て行きます。

まーちゃんひとりぼっちでお留守番、大丈夫なんやろうか…と心配で聞いてみると

「お利口にしとったで!」と一言、外出してて見てないからよーわからんやろ!!と

言いたいけど、そこまで強要は出来ないし愛永もまだ付きっきりでなくとも大丈夫と

母なりに判断してるのだろうと不満ながら様子を見ています。




P1060871.jpg

何故自分がこんな風に不安に思うのか、それはきっと正太の事があるから。。

大好きな正太、大事な大事なわんこ、、何よりも誰よりもそう思っていたのに…

正太が急病になった時、側にいる事が出来なかった。

夏季休暇中のある日、外出して映画を観終わりOFFにしてた携帯の電源を入れると

母からの留守電メッセージが…「正太が大変や!すぐに帰ってきて」。

びっくりして大急ぎで家に帰ると母と正太はいなくて、愛永がぽつんと留守番してました。

正太は夕方の散歩の後で胃念転になり、病院で救急処置を受けていたのです。

心配で堪らないまま待ってると、やっと連絡が来て急いで病院に駆けつけたら

なんとか治療が間に合い命を取り留め、診察台でぐったりと横になってる正太がいました。

発見が遅いと命取りになる胃念転、そんな危険な時に自分は側にいてあげられなかった

その後悔があり、愛永に大事があれば絶対自分は側にいて助けるんだ!との思いが強くて

ちょっとした事にも敏感で余計に心配になってしまうみたいです。




P1060877.jpg

でもそれも何年も前の話だし、ええ加減にゆったりした気持ちで愛永の事は見守ろうと

努力中です、まーちゃんはがんばり屋だからまだまだ大丈夫!そう思って。

そしてまーちゃんの具合ですが、昨日ちょっと頭が右に曲がりかけてました。

お薬が減ったせいかもしれないし、雨が近づいて気圧の変化によるものかもしれない

気にしながら今朝になると、ワンワン!と元気な声で朝ごはんを催促してくれました~。

可愛い顔をしていても、100歳超えのおばーちゃんなのやから、、波もあるよね…

山あり谷あり、小さい山 大きい山いろんな山を乗り越えてボチボチゆっくり頑張ればいい

ただ愛永がしんどい苦しい思いはしないでいられるように祈るだけ。。

一緒にいられるこの時間を楽しいなぁ~幸せやなぁ~と過ごせるようにと(^_^)/~


雨だからか今日は寝てばっかりの愛永
明日は晴れて元気になるように(^^)
P1000159.jpg
今日もがんばりました、ぽちっと応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011.06.16 
Secret

TrackBackURL
→http://manaetyann1030.blog37.fc2.com/tb.php/376-6ad60c40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。