上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
P1110383.jpg

庭に咲く「ラムズイヤー」羊の耳をいう名前の通り、触り心地がなんというか耳っぽい。

葉っぱなどはまーちゃんのお耳のようで、モミモミ~とやってしまいます。

前回コケたと書いてご心配いただきましたが、擦り傷もなく血も出ずでとても元気!

あのコケっぷりで無傷なのも不思議でやっぱり愛永が守ってくれてるようです。




P1060588.jpg

一年前の愛永、この頃急に立てなくなって身体が曲がって不調でした、あれは前庭疾患だったのか?

原因不明のまま日にち薬で回復はしたものの、その後は夜鳴きが始まった。夜の散歩の後いつもなら

ぐっすりと眠る時間なのにワンワン!とグズる愛永、長い時には一時間以上何が原因だったのか?




P1060591.jpg

これも不明のまま、何日も続いて夏になり秋が近づく頃には鳴く回数が減り少しずつ治まっていった。

今思えば目には見えない場所で愛永は戦っていたのかも知れない、表に出てこようとするガン

メラノーマを封じようとしてた、それを自分に訴えてたのかも知れない不調の合図を送っていたのだ。




P1060593.jpg

口の中の異変に気づいてからもはっきりとした病名はすぐには判らなかった、時間勝負な病魔なのに

週に一度の診察でよく判らないまま無為に時間を過ごしてしまったと今となっては後悔する。

ごめんね、まーちゃんずっと変やよおかしいよって訴えてたのに、気づいてあげられなかった。




P1060596.jpg

そして思うのはセカンドオピニオンの重要性、これは絶対必要でした。長く付き合っている獣医さんと

違う病院へ行くのは躊躇われる、常日頃お世話になっている先生の言う事を疑うような気がした

それにイザ違う病院へと思っても、いったいどこの病院へ行くべきか迷うし病状が深刻だと

気が動転して探すことも大変…なので常日頃から目星を付けて病院の情報を集めておくのがいい。




P1060602_20120526110244.jpg

目星といっても症状によって病院選びも違って来るだろうけど、セカンド…うんうんサードオピニオン

まで考えている方がいい。日頃のちょっとした健康診断、予防接種などに行く普段使いの病院と

手術など必要な病気にも対応してくれる病院、もっと深刻な先進医療も対応する病院まで

イザという時に備えて調べておけばよかったかなぁ、と考えることもあります(次回へつづく)。

P1000159.jpg
虹の橋1年生、ぽちっと応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.05.26 
Secret

TrackBackURL
→http://manaetyann1030.blog37.fc2.com/tb.php/574-e24c8049
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。