P1080554_20121007132306.jpg

約一年前に愛永と行った琵琶湖お出掛け、これが愛永には湖を見る最後となってしまった。

当日は薄曇で爽やかな風があり、わんこには最高のお天気でよかった。





P1080537.jpg

若い時から何度も遊びに来た大好きな水辺、まーちゃんもにっぱとご機嫌だったね

一緒に来れたことが嬉しくて…でも、心の底ではもうこれが最後になるだろう…って予感があり

ねーちゃんは笑いながら涙が滲んできて、あわてて何度もごまかしたの知ってた?





P1080534_20121007132308.jpg

きっと愛永にはみんなお見通し、自分の胸が詰まるような思い気づいてたと思う。

そして今もお空からこっちを見て、困ったなぁ~なんて思ってるんやろうね。





P1080552.jpg

愛永と別れてからいろんな事を考えた、別れの瞬間は愛永を苦しませたくないと早く解放して!と

別れの辛さよりも安らかになる事を願った、失う怖さより楽にさせてあげたいと。

それから心に穴が開いた、何より大切な愛永がいなくなった穴が今も開いたまま。





P1080590.jpg

愛永のいない悲しさだけでなく、時々頭を掠めるのが病魔から助けられなかった事

最後のメラノーマとの戦いに勝てなかった、救ってあげられなかった苦しませた

なんであんな風に逝かせてしまったのか…ふとした時に思い出して苦しくなった。






P1080544_20121007132307.jpg

そんな事を考えても愛永が喜ぶはずない悲しむだけ、それも分かっているけど初めて病に

気づいた秋に近づくにつれ、あの頃の事を思い出してしまう、、あほやなぁ。

P1000159.jpg
虹の橋1年生、ぽちっと応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
P1080574.jpg

どんなに愛しいと思っていても別れは必ずやって来る、生老病死…避けて通ることが出来ない

命のことわり、それを止めようとした自分が間違ってたのだと、そう教えられた。





P1080576.jpg

どれだけの時間を共に過ごしても、どれだけの事をしてあげても後悔が全く無いなんて事は無い

それだけ愛しかったのだから、それでいいのだとも思う。





P1080572.jpg

この数ヶ月、愛永と別れてから感じたそんな思いにしっかりと向き合って来たよ、ただ言えるのは

まーちゃんと出会えてよかった、嬉しかった、楽しかった、幸せやった、、 会えてよかった。





P1080557_20121007133527.jpg

君と出会えたから、今がある、、別れがどんなに辛くても会えてよかった、、ありがとう

共に暮らした日々を振り返って思うのは、ありがとう の一言です。

P1000159.jpg
虹の橋1年生、ぽちっと応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

メールを下さった、にこやかさんとへっぴーちゃんへ
返信がエラーで送れず、お返事変りに今日のブログでした。
スポンサーサイト
2012.10.07 
Secret

TrackBackURL
→http://manaetyann1030.blog37.fc2.com/tb.php/634-b07ca0fa